Actor

安宅 陽子

YOKO YASUMI

生年月日 1985年12月21日

出身地 東京都

身長 165cm

趣味 海外ドラマ鑑賞、日本舞踊

特技 ピアノ

→
←

BIOGRAPHY

TV

2020年

  • フジテレビ『ヨーロッパ企画のYou宇宙be』第1話
    監督・編集・編集:山口淳太
    脚本:上田誠
  • BSフジ『CODE1515』第1話 女性1役
    原案・脚本・監督:杉本達

2014年

  • フジテレビ『失恋ショコラティエ』 店員役

2013年

  • フジテレビ『ガリレオ』 店員役
  • フジテレビ『ラストシンデレラ』 遺族役
  • フジテレビ『失恋ショコラティエ』 編集員役
  • フジテレビ『救命病棟24時』 看護師役

2012年

  • フジテレビ『PRICELESS』
舞台

2020年

  • PUNKBANK第6回公演 『Life On Mars?』
    作・演出:秋草瑠衣子

2019年

  • 『ももクロ一座特別公演』 おまつ役
    作:鈴木聡
    演出:本広克行
    主演:佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)
  • 『吸って吐く』 前田友恵役
    作・演出:谷碧仁

2018年

  • Bunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2018
    DISCOVER WORLD THEATRE vol.4 『民衆の敵』 ベルタ役
    作:ヘンリック・イプセン
    演出:ジョナサン・マンビィ
    主演:堤真一
  • 『HAMLET SC』 ガートルード役
    作:ウィリアム・シェイクスピア
    演出:松崎史也

2017年

  • 『黒夜』 妻役&お露役
    原作:小泉八雲
    演出:黒田百合
  • 『邯鄲の夢』 エリ役
    作・演出:西田大輔

2016年

  • 『娼年』
    作:石田衣良
    演出:三浦大輔
    主演:松坂桃李
  • 『Macbeth SC』 魔女1役
    作:ウィリアム・シェイクスピア
    演出:松崎史也
  • 『残響のテロル』 キャスター役
    作:熊谷純
    演出:奥秀太朗

2015年

  • 『逆鱗アンドロイド』 七瀬役
    作・演出:米山和仁
  • 『PRISM』 イザミ役
    作・演出:松崎史也

2014年

  • 『ノブナガ・ザ・フール シリーズ Act3』 イチヒメ役
    演出:柿ノ木タケヲ
    監修:河森正治
  • 『ノブナガ・ザ・フール シリーズ Act2』 イチヒメ役
    演出:柿ノ木タケヲ
    監修:河森正治
  • 『ちはやぶる神の国』 お市の方役
    作・演出:奈美木映里
    監修:西田大輔

2013年

  • 『DOWN-TOWN HOTEL W』 吉田役
    作・演出:橋本昭博
  • 『ノブナガ・ザ・フール シリーズ Act1』 イチヒメ役
    演出:柿ノ木タケヲ
    監修:河森正治
  • 『エルザボタージュ』 レン役
    作・演出:西田大輔

2012年

  • 『END OF DAYS』
    作・演出:西田大輔
  • 『Re:Alice』 ラス役
    作・演出:西田大輔
  • 天才劇団バカバッカ 『センスオブワンダー』 あやこ役
    作・演出:桐野翼

2011年

  • 『半神』
    原作:萩尾望都
    作・監修:野田秀樹

2010年

  • 『Re:Alice』 スノーディ役
    作・演出:西田大輔
  • 『GOODBY JOURNEY』 ラングレン役
    作・演出:西田大輔
  • 『ココロコロガシ』 さやか役(ヒロイン)
    原作・監修:雨宮慶太
    演出:吉久直志

2009年

  • 『WHITE WHITE SCARSROW』 エルシー役
    作・演出:西田大輔

2008年

  • 『新説・鬼ヶ島』
    作・演出:西田大輔
  • 『DECADANCE Ⅲ』
    作・演出:西田大輔
映画

2016年

  • 『ピンクとグレー』 劇中スチールモデル役
    原作:加藤シゲアキ(NEWS)
    監督:行定勲
    脚本:蓬莱竜太

2015年

  • 『海街ダイアリー』 山根志乃役
    原作:吉田秋生
    監督・脚本:是枝裕和

2011年

  • 『セカンドバージン』 編集員役
    監督:黒崎博・柳川強
    脚本:大石静
OTHERS

2019年

  • 短編映像 『second』
    監督:岡本貴也
    ※第5回 立川名画座通り映画祭 審査員特別賞&あしたのSHOW賞 受賞

TOP